おとな研究所・新プロジェクト、始動!

都知事選投票日に「宇都宮」立憲民主党代表らのツイートが物議

都知事選投票日に「宇都宮」立憲民主党代表らのツイートが物議

 7月5日、都知事選が投開票されている。無所属・現職の小池百合子さんが再選されることが確実だ。

 その小池氏に続いて2位になると予想されているのが、立憲民主・共産・社民などの左派野党の支持をうける宇都宮健児さんだ。栃木県の県庁所在地を連想し、「東京都知事選挙なのに宇都宮さん?」と思った人もいるかもしれない。もっとも、宇都宮氏は九州出身である。

 さて、このような余談はさておき、宇都宮氏を推薦している立憲民主党関係者のツイートが、物議をかもしている。5日未明、同党所属の中妻じょうた板橋区議が、突然宇都宮餃子について語り出した。

 中妻区議はこのようにツイートし、みんなに「宇都宮の餃子について語ること」を呼びかけた。ここで気づいた人がいるかもしれないが、「宇都宮」とは、餃子の聖地・栃木県の県庁所在地の地名であると同時に、都知事選立候補者宇都宮健児氏の名字でもある。中妻区議がツイートを行ったのは既に5日未明、都知事選の投開票日である。公職選挙法上、投票日当日の選挙運動が禁止されているため、宇都宮氏を応援することはできない。その「当日運動の禁止」ルールを潜脱するために、中妻区議は「宇都宮餃子」ツイートを呼びかけたのだろう。餃子の話である以上、確かに、形式的には公選法に違反してはいない。しかし、所属議員がこのような公選法の趣旨にもとるツイートをしていては、立憲民主党は有権者の信頼は得られない。

 ところが、この中妻区議の「悪ノリ」に、あろうことか枝野幸男代表が乗ってしまったのだった。

 枝野氏だけではない。さまざまな立憲民主党関係者が、なぜか都知事選投開票日に合わせて、「宇都宮餃子」ないし「宇都宮」ツイートをしたのであった。しかも、全員が共通して、「宇都宮」部分にハッシュタグを付している。これでは、上記のように、当日運動の禁止ルールを潜脱するという意図があったと批判されてもやむを得ないだろう。

 藤原氏は、「宇都宮」「けんじ」の両方をツイートに含めているという点で、最も悪質である。このような立憲民主党所属議員たちのツイートはツイッター上で話題となったが、その多くは批判的な意見であった。

https://twitter.com/Tana3Team/status/1279763610978234370

 法が定めたルールを潜脱するこのようなツイートには、流石に身内の立憲民主党党員も苦言を呈している。

 5日22時30分現在、「宇都宮餃子」騒動について、立憲民主党公式からは、何らの説明もない。多くの批判が出ている以上、立憲民主党は説明を行うべきだ。同党の危機管理能力が問われる。

政治カテゴリの最新記事