【衆院選】都構想W選でどうなる!?大阪府内全選挙区徹底予想

次の総理となる自民党総裁選がスタートしたが、マスコミなどの情勢報道では菅義偉内閣官房長官が優勢とみられており、「菅総理」誕生が現実味を帯びている。菅氏は「令和おじさん」としても幅広い年齢層からも知名度があり、組閣後は圧倒的な内閣支持率を記録するであろうと思われる。

実際、安倍総理が退陣表明後低迷していた内閣支持率がV字回復し自民党支持率が5割に迫る調査なども出てくる等、「一強体制」復活への伏線ともとらえることができるのだ。

高い支持率を誇る新内閣発足後、政権側が行うべき選択肢は1つしかない。「解散総選挙」である。衆院の任期は間もなく1年を切り、解散のタイミングも狭まられる中、やはりやるとなれば従来噂されていた通り「今年秋・10月25日」であろう。総選挙をこの日に打ち込むならば注目される大阪都構想住民投票も同日に行う意向を大阪府の吉村知事が表明しており、大阪市では住民投票と衆院選がWで行われる可能性が高い。もし同日選となれば大阪の選挙構図が大きく変わるとされている。

今回の記事は、10月25日都構想とW選挙が行われるならばどのような結果になるのか。どこよりも早い予想をお伝えする。

記事をご覧になるには会員登録もしくは購入をお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おちゃおとな研究所 選挙・政局担当

投稿者プロフィール

ライターページ
大学生ブロガー。
主に選挙や政局、世論調査などが専門。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-7-25

    デモで「密」を作り出すオリンピック中止派 「オリンピック今からでも中止」論の無責任さ

     オリンピックが開会した。オリンピック期間の直前、中国発祥の新型コロナウイルス感染拡大を背景として…
  2. 2021-7-21

    大和トンネルの拡幅工事が完成 なぜ大和トンネルは渋滞の名所であり続けたのか

    日本の道路交通の大動脈である東名高速道路。1969年に全線開通してから日本の物流を支え、日本の経済…
  3. 2021-7-1

    ネオコンのレジェンド:ドナルド・ラムズフェルド氏、波乱の人生を追う。

    本日(米国時間30日)、第13/21代、米国国防長官だったドナルド・ラムズフェルド氏が死去したと発…

スポンサー







今日の天気

札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る