【速報】安倍前首相は不起訴に、特捜部は公設第1秘書を略式起訴


すでに多くの大手メディアが報じているが、桜を見る会の前夜祭をめぐる問題で東京地検特捜部は今日、安倍晋三前総理大臣を不起訴にすることを決めた。一方で、「安倍晋三後援会」代表の配川博之公設第一秘書を略式起訴した。

特捜部は21日に安倍氏に直接事情聴取を行っていた。安倍氏本人は収支報告書の不記載への関与を否定し、また公設第一秘書は費用補填を認めていたことから今回の判断に至ったと考えられる。

誤解しないでいただきたいのが、今回の問題の焦点は政治資金収支報告書の不記載であり、公設第一秘書も政治資金規正法違反で略式起訴されている。以前私の記事で紹介したが、公選法の「買収」や「寄付」に該当する可能性はほぼ0と言っていい。

Advertisements

また、安倍氏自身は今回の不記載を関知していないとみられており、政治資金規正法違反では連座制は適用されないことから、安倍氏自身が罪に問われる可能性は限りなく低い。

Advertisements

今後の焦点としては、検察審査会が特捜部の判断を覆すかどうかが挙げられるが、安倍氏が直接関与していたという証拠が出てこない限りは不起訴の判断は覆ることはないだろう。

また、野党は安倍氏の証人喚問や参考人招致を求めているが、自民党の森山国対委員長はそれに否定的な考えを示している。もちろん捜査の状況によることにはなるだろうが、安倍氏が国会で説明する機会が設けられるのかどうかも一つ注目ポイントだ。

投げ銭で応援!
この続きはcodocで購読
よもぎ

よもぎ

投稿者プロフィール

ライターページ
高校2年のブロガー
国際情勢が専門

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサー







スポンサー




ページ上部へ戻る