【インタビュー】太田かずき候補 維新関西学生部 部長選挙

政党学生部が、様々な場面で存在感を増してきている。応援している政党や支持している政策実現のために活動している学生やグループがあっても、意外とその存在を知ることが無く、実態がわからないことも少なくないのだと思う。そうした学生組織の中の一つ「日本維新の会学生部」では現在、関西・関東・九州のそれぞれの支部で「部長選挙」が行われている。

部員の中から立候補がある上支部所属の部員全員が投票権を持つという自治が成立しており、その分重要な選挙だ。

今回は各選挙に立候補している 5 人の内、関西学生部の部長選挙に立候補している太田かずき候補(現職)にインタビューさせていただいた記事をお送りする。

部長選挙特設ページ

スポンサーリンク

―年齢を教えて下さい。

19 歳です。

―2 期目を担っていくなかでの意気込みを教えて下さい。

当選させていただいたら、公約実現に向けて全うしたいと思います。1期目の中でやりきれなかったところ、1期目で見えてきた課題の解決に向けて全力を尽くします。

特に政治参加を推し進めるといったことは、最も僕の行いたいことです。過去には某webメディアでコラムを書いていたこともあるなど、学生部だけでなく様々な形で活動してまいりました。2期目出は、もっと若者の政治参加を推し進めていきたいと思っています。

―維新学生部に入部した時期ときっかけについて教えて下さい。

5 月。学生部の説明会に参加したことがきっかけです。

スポンサーリンク

―維新学生部全体には、現在どのような問題があると考えていますか。またどのようにその問題を解決していこうと考えていますか。

部員の主体性の欠如、参加率の低迷です。部員の皆さんがもっと参加しやすい組織づくりに力を入れていこうと思います。

具体的には、開催頻度の固定化、オンラインオフライン双方で活動すること、政治家との距離を近づける事の3つに取り組みます。

―この時期に部長選が行われる意義についてはどのように考えていますか。

学生部の今後を決める機会として、半年に一度選挙があることは意義のある事だと思います。卒業する方もいらっしゃるので、最後に学生部を発展させてくれる候補を選んでいただき、今後の学生部の行方を見守っていただけたらと思います。また、学年が上がって新しい年度が始まるにあたって新しいことをしてみたいという人に向けてのプラスの発信になるのではないかなと思います。

―維新全体の党勢拡大の中で、関西学生部の役割をどのように考えていますか。

多様な政治参加を提案していく中で、広く維新という選択肢を若者に提示していくことです。

スポンサーリンク

そのためにはまずは維新の事を部員が知る事が必要だと考えております。知るための取り組みと広めるための取り組み双方を行っていきたいと思います。

―部長選を通して意識してきたことはどのようなことがありますか。

自分の公約をきちんと丁寧に伝えることです。毎日演説会を開催することで、より多くの部員とのコミュニケーションをとるようにしています。

―4ヶ月前の選挙とで、違いを感じることはありますか。

公約だけではなく 1 期目の中身が問われるところです。
前は公約だけを訴えるというだけでよかったところが、今回は1期目の中身も問われるので、今回の部長選挙を通じて問われた課題というのはどちらが当選しても改善すべきだなと思いました。

―相手候補との違いはどのような点がありますか。また現在の部長である相手候補をどのように評価していますか。

「政治に対してのハードルを下げること」と「部員の完全燃焼」といった方向性の違いです。

スポンサーリンク

僕の公約は政治参加へのハードルを下げること、多様な政治参加の在り方を提案する事重視しています。一方でさくちゃん候補は部員の自主性に任せる面が多いが、討論会の中で重視しているなと感じたのは、やる気のある部員がやりたいことをできる環境づくりなんだろうなと感じました。
そこは、部員の皆さんがどちらを優先させたいのかというところで選んでいただけたらなと思います。

―YouTube や LINE を活用した選挙を行われましたが、反響や手応えなどはありますか。

正直、まだまだだなと感じるところが多いです。残りの選挙期間は短いですが、部員の皆さんとの対話を重視して、活動していきたいと思います。

また、さくちゃん候補との差別化のために、公約の中身と目的を丁寧に説明するようにしています。

―「若者の政治参加」について、維新学生部はどのような役割を果たすべきだと考えていますか。

政党関係学生団体の先駆けとなるべく、学生部のモデルケースを示していきます。政党系学生団体として、他党よりも大きな影響力を持っているのが、日本維新の会学生部だと自負しております。他党関係組織や政党系の団体に所属していない学生に対しても、多様な政治参加のあり方を提案していけるような組織を目指していきたいです。

スポンサーリンク

そのためには部員が参加しやすい組織づくりと外部向けのアプローチ双方が必要だと思っています。双方を実現できるように頑張ります。

また、政党所属の学生団体ということで、議員・政治家との距離の近さも強みだと思います。議員・政治家との距離の近さは政治との距離の近さであり、部員と政治の距離が近いことによって、それぞれの部員が日常生活に戻ったときに、周りの人と政治との距離を近づける役割を果たせることが最大の役割だと思います。

―あなたにとって「日本維新の会学生部」とはどのようなところですか。

維新学生部とは維新の考えにもあるように自立した個人が集まった自立した組織であり、各々のやりたいと思ったことに挑戦できる場です。

各々のやりたいことを実現できるように様々な活動の形を部内に、時には部外に提案していきたいと思います。

スポンサーリンク

―尊敬する人は誰ですか。

YouTuber のヒカルさん、島田紳助さん、橋下徹さんです。

―将来の夢はなんですか。

(無回答)


太田かずき候補は Twitter などに自らの公約集をまとめ、展開している。また毎日演説会を開くなど、情報発信も怠らない。現職としての実績は揺るぎないものだろう。

健闘を心から祈るとともに、皆さんには 15 日投開票の日本維新の会学生部長選挙にぜひご注目いただきたい。

スポンサーリンク

部長選挙特設ページ

太田かずき候補Twitter

\ 有料記事には定期購読がお得 /
▼おとな研究所へのご支援よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
おとな研究所 編集部

おとな研究所 編集部

投稿者プロフィール

おとな研究所が団体として取材させていただいた内容や企画を投稿します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    巷で出回る原発処理水の「海洋放出反対論」を検証

    政府は今日、東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムを含む処理水を海洋放出する方針を固め…
  2. 2021-4-13

    【参議院補選・長野県選挙区】最新の情勢予測と政局への影響は

    羽田雄一郎氏の死去に伴う参院長野補選は8日告示され、自民党新人で衆院議員を2期務めた小松祐氏、立憲…
  3. 2021-4-10

    一部野党による国会審議拒否は単なるサボりか高度な国会戦術か

    国会における審議拒否とは、その名の通り国会の審議に参加することを拒む議事妨害行為である。一般的には…
  4. 2021-4-8

    日本のGDPを6割上げることが出来る 今すぐにでも実行可能な政策とは

    日本は長期的な低成長に見舞われている。1991から2019年の平均経済成長率はたった0.9%に留ま…

カテゴリー

スポンサー







今日の天気



札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る