【インタビュー】Neo候補 維新関東学生部 部長選挙

政党学生部が、様々な場面で存在感を増してきている。応援している政党や支持している政策実現のために活動している学生やグループがあっても、意外とその存在を知ることが無く、実態がわからないことも少なくないのだと思う。そうした学生組織の中の一つ「日本維新の会学生部」では現在、関西・関東・九州のそれぞれの支部で「部長選挙」が行われている。

部員の中から立候補がある上支部所属の部員全員が投票権を持つという自治が成立しており、その分重要な選挙だ。

今回は各選挙に立候補している5人の内、関東学生部の部長選挙に立候補しているNeo候補(現職)にインタビューさせていただいた記事をお送りする。

部長選挙特設ページ


―年齢、性別を教えて下さい。

17歳、男性です。

―2期目を担っていくなかでの意気込みを教えて下さい。

今期僕は擁立される形で立候補しました。数人で公約を考え、これまでの反省をどう活かして改善していくのか真剣に考えた結果、次の6つの理念を掲げました。1.全部員皆参加 2.情報公開 3.合議制 4.権力分立 5.法治 6.少数意見の尊重 です。2〜6は大方達成ができていると見ていますが、1のみ未だ達成できていません。また、この間全国連携を進めていく中心に立っている中で様々な組織的な問題点も見えてきました。そこで、①関東学生部内の実質参加率向上、②全国学生部の組織的な運営のために尽力をし、その他の事柄は今後の学生部を担って頂ける方を育成するという観点からも他の方に進めて頂こうと思います。トップダウン型の組織運営も時に必要ですが、今はボトムアップが必要です。今期だけでは達成できなかったこの事項をしっかりと改革して任期を満了し、次の学生部の運営を担って頂ける方にバトンを引き渡すための、「テイクオーバーゾーン」にしたいと思います。

―維新学生部に入部した時期ときっかけについて教えて下さい。

2019年11月9日です。夏休みも終わり家でぼけーっとしながらYouTubeを見ていたらおすすめとして出てきた動画が橋下徹さんの演説だったんです。あまりの迫力に見入ってしまい、その日から1週間ほどはずっと見ていたことを今でも覚えています。そこから、橋下さんだけではなく、大阪維新の会という政治団体がこの改革を実行してきたことを知り、さらには日本維新の会という国政政党があることも知った時にはもう「自分も維新に関わってみたい!」と思うようになっていました。そこから、維新のHPやTwitterなどを探していると、学生部のTwitterアカウントが出てきたんです。「これは運命だ」と思い、早速入部の応募をしました。

<スポンサー>

―維新学生部全体には、現在どのような問題があると考えていますか。またどのようにその問題を解決していこうと考えていますか。

学生部は、非常に能力の高い部員が多く、能力の高い部員が部の運営をしているからこそ、この学生部は高いパフォーマンスを発揮できていると思います。しかし、それは一部であり大半の部員は「参加者」となってしまっていて、部の運営には携わっていません。今の学生部には、次の世代にバトンを引き渡すための体制が作れていないんです。僕は、過去の反省から組織的な運営が絶対必要だと訴えてきました。今回の公約の一つである「マンパワーに依らない部運営」も、僕があえて部長になることによって皆で運営をしていかなければならない環境を作る事によって達成したいと思います。部員一人一人入部動機というのは違うはずです。各々がやりたいことを実現するために、各々が主体的にイベント発案、運営ができるようにしたい。役員が上から引っ張っていくのではなく、自分のやりたいことを実現するために各部員が自分から押し上げていく。そのような組織に作り替えるべく、イベント企画から運営までの流れを部員に明らかにし、役員だけではなく運営に携わりたい部員が積極的に関与ができるよう情報公開にもより一層力を入れていきたいと思います。 特に、関東学生部では各都県チームというものを構成しています。各都県チーフを中心に、今後は新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて徐々にオンサイト(現場)での活動を拡大したいと思います。各都県チーフは、積極的な部運営のための登竜門にしたいと思いますので積極的な人材登用にも努めて参ります。

―維新全体の党勢拡大の中で、関東学生部の役割をどのように考えていますか。

関東はまだまだ維新の弱い地域であると認識しています。僕たちは、若者世代の維新支持率向上の一翼を担えればと思いますので、SNSを通じた積極的な発信に主に力を入れたいと考えております。特に、Twitter、YouTubeなど分かりやすいSNSでは若者目線に立った発信、政治に関心のない層にどのようにアプローチをかけていくのか、SNS運用に長けたメンバーから意見をもらいながら進めていこうと思います

―この時期に部長選が行われる意義についてはどのように考えていますか。

全国で一斉に行うことにより、各支部気持ちを新たにもう一度気を引き締める効果があると思います。また、全国連携をしていますので全国役員会を再構成する良い契機だと思います。

―部長選を通して意識してきたことはどのようなことがありますか。

とにかく部員一人一人が政策の中身で評価をすることです。若者の政治参加を推進する立場でもあるので、まずは部内選挙から盛り上げていこうと意識しています。そのために必要な、公約説明用の資料を積極的に配布する事に尽力しています。

―相手候補との違いはどのような点がありますか。また現在の部長である相手候補をどのように評価していますか。

りーるさんは非常に優秀で、一緒に頑張ってきたメンバーの1人です。僕よりも遥かにずば抜けた能力を保持している方ですのでこの間頼りにしてきました。しかし、やはり一番違うのは在籍時期であろうかと思います。僕は2019年11月9日ということでコロナ禍以前から在籍をしておりまして、オンサイトでの活動の重要性はりーるさんよりも熟知しています。また、僕は現職という立場にいたことからもこの学生部のいい所、改善すべき点をりーるさん以上に把握しているつもりです。これまで何ができて何ができなかったのか、それを踏まえて今後どうしていくのか。今期だけでは達成できなかったことを次期ではしっかりと達成し任期を満了したいと思います。

―「若者の政治参加」について、維新学生部はどのような役割を果たすべきだと考えていますか。

まずは、既存のイメージをぶち壊していくことが大切であるように思います。僕自身、政治といえば何か堅苦しいもので、しかし不正や汚職が多発するあまりいいものではないように感じていました。しかし、橋下さんのおかげで政治は悪いものではなく世の中を良くする為のものであると僕が感じたように、政治というものは世の中をよくする為の「手段」であるということを強く伝えていきたいです。そのために政治参加のハードルを下げることはどんどん推進していくことが必要です。具体的に、政治に携わる僕たちが楽しんで活動している様子を積極的に広報することでハードルは徐々に下がるものと信じたいです。

―あなたにとって「日本維新の会学生部」とはどのようなところですか。

僕の人生をいい意味でも悪い意味でも(笑)根本から変えてくれたところです。政治に無関心とまでは言わないけれども、ほとんど知らなかった僕を高2であるのにも関わらず関東学生部長まで押し上げてくれた素晴らしい組織です。もし、学生部に入っていなかったら普通に勉強して、普通にダラダラ生活していたことでしょう。たくさんのことを学ぶ場を提供してくれた学生部には感謝しかありません。

<スポンサー>

―尊敬する人は誰ですか。

橋下徹さん、吉村洋文さん、松井一郎さん、足立康史さん、藤田文武さん、メンタリストDaiGoさん、伊沢拓司さん、堀江貴文さんです。

―将来の夢はなんですか。

教育に従事したいです。まずは現場で働き、ゆくゆくは日本の教育を変えるために政治家をやりたいと思います。民間だからできる改革、政治家だからできる改革、それぞれ実行していくためにも学生時代は精一杯勉強して社会の一員として活躍できるようにしたいです。


Neo候補は17歳という若さで政党学生部のトップを執り、まとめあげている。今回の選挙にあたっても具体的な改革案を挙げ、しっかり2期目を務めていこうという熱い思いが伝わってきた。

健闘を心から祈るとともに、皆さんには15日投開票の日本維新の会学生部長選挙にぜひご注目いただきたい。

部長選挙特設ページ

Neo候補Twitter

<スポンサー>
 

フォロー・いいねでの
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おとな研究所 編集部

投稿者プロフィール

おとな研究所が団体として取材させていただいた内容や企画を投稿します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-8-2

    「とある国」はアウト、「ウガンダなんか」はセーフ 境野今日子氏の異常な人権感覚に迫る

    差別意識丸出しの投稿 https://twitter.com/kyokosakaino/s…

スポンサー







今日の天気

札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る