立憲・福山哲郎氏「退避の日本人はなぜ1人」→批判殺到

アフガニスタンに残る日本人の退避が進んでいる中、昨日退避を希望している日本人1人が首都カブールの空港に到着し、自衛隊の輸送機でパキスタンに向かったというニュースがあった。

それをうけて、立憲民主党の幹事長である福山哲郎氏がツイッターでこのようなコメントを出した。

このコメントに対し批判が殺到。一昨日にはカブール空港付近で爆発事件があったため思うように退避が進んでいない中で、福山氏のツイートに対しては多くの批判が寄せられている。

(参考)

アフガニスタンに残る日本人などの国外退避をめぐり、日本時間の26日夜、退避希望者数百人が20台以上のバスに分乗し首都カブールの空港に向けて出発したものの、空港付近で発生した大規模な爆発により、移動を断念していたことが分かりました。

アフガニスタン 日本人などの国外退避 爆発で空港への移動断念 より

また、福山氏が引用した記事内にも「日本政府は、大使館や国際機関で働くアフガニスタン人のスタッフなども含めて最大で500人以上を退避の対象と想定していましたが、空港に到着できるメドはたっていない」という記述がある。

福山氏にはツイッターの忠告をよく聞いてほしい。

 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

よもぎおとな研究所 副編集長

投稿者プロフィール

ライターページ
おとな研究所副編集長、ブロガー
Twitterフォロワー数8000人超
時事・教育・経済など幅広い分野に関心あり

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-9-24

    左派の奇妙なワクチン憎悪

    立憲民主党は21日、衆議院岡山5区の公認候補として元生活の党所属参議院議員はたともこ氏(55)の公…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る