暫定二車線の高速道路について 課題や国交省の四車線化の動きなど徹底解説

暫定二車線とは、その名の通り暫定的に二車線で開通させた道路のことを指す。一般的に、工事コストを抑えるために上下線それぞれ一車線ずつを開通させる場合が多い。暫定二車線はバイパスなど一般道でも多く採用されているが、今回は高速道路における暫定二車線(片側暫定方式)の現状と課題などについて解説する。

なぜ暫定二車線で建設するのか

暫定二車線の大きなメリットとしては建設費を抑えることができる、道路の完成スピードが速くなるなどが挙げられる。その節税分を他の高速道路の建設に充てることで、高規格道路ネットワークを素早く構築することができる。

また、やむを得ず暫定二車線で建設しなければならないケースもある。例えば必要最小限の予算で建設しなければならない、完全四車線を作るのに必要な用地が取得できていないなどがある。

(関連記事)

https://otonaken.com/archives/8498

暫定二車線は課題が多い

暫定二車線は早期開業・安上がりであるメリットの一方で、大きなデメリットも存在する。

重大事故が起こりやすい

暫定二車線は対面通行で運用され、また中央分離帯がなくセンターポール(ガイドレール)が設置されているのみである。そのため、ハンドル操作の誤りやスリップなどの原因で対面車線に飛び出し正面衝突事故をはじめとする重大事故が多発している。

道路分科会第13回事業評価部会の資料によれば、暫定二車線区間は四車線以上の高速道路よりも2倍近く重大事故が起こりやすいというデータが出ている。

<スポンサー>

なお、2017年からは少しでも安全性を向上させるため、センターポールに代わってワイヤロープを設置する区間も増えているが、抜本的な解決には未だ至っていない。

走行に時間がかかる

暫定二車線は事故が起こりやすいがために、完全四車線以上の道路よりも制限速度が低く設定されている。また、追い越し車線は上り坂などの一部区間でしか設置されていないため追い越しが難しく、低速車両が一台いるだけで全体の速度が低下してしまう。

採算性が低い

暫定二車線は過疎地に作られることが多いのも要因の一つだが、利用料金は完全四車線以上の区間と同じにもかかわらず上の2つのデメリットがさらに加わることで、利用者にとって高速道路を利用するメリットがなくなってしまう。その結果せっかく道路を作ったのに採算が取れなくなる可能性もある。

大規模災害時に道路が機能しない

利用者に直接的な関係のない負の側面として、災害時の対応力が弱いことが挙げられる。高速道路は災害時に緊急輸送路としての活用が期待されているが、暫定二車線道路では完全四車線以上の道路より走行速度が低下するのは大きなビハインドとなる。また道路の一部分が被災した場合は通行止めあるいは片側交互通行を強いられることになる。

こうした問題を解決するには…

最も望ましい解決策は、やはり早期に完全四車線化することが挙げられる。ただし、日本で2000km以上が暫定二車線で建設されていることを踏まえると、予算的な制約もあり全ての路線で完全四車線化するのには依然時間がかかりそうだ。

暫定二車線の解消には国交省も動きだしている。

昨年12月に閣議決定された「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」に基づき、防災・減災、国土強靭化の推進等、安全・安心の確保のため高速道路等の整備が示されていることから、財政投融資を活用し、4車線化を実施することとしました。

今般、来年度に新たに着手する4車線化の候補箇所として、昨今の災害をはじめ、渋滞、事故発生箇所などを総合的に勘案し、計14箇所約86キロメートルを選定しましたので、お知らせします。

今後、予算成立後の事業許可に向けて、必要な手続きを行ってまいります。
なお、残る優先整備区間についても、財源の確保状況等を踏まえ、順次整備を進めます。

報道発表資料:高速道路の暫定2車線区間の4車線化について より

完全四車線に踏み切らなくても、利用者増加が見込めない道路では割り切って完全二車線で運用する手段もある。幅の広い暫定二車線の道路では中央分離帯を設置する方が完全四車線よりも安上がりになる。ただし、道路によっては中央分離帯を設置するだけの道路幅が無いところもあり、そこでは別途道路幅の拡張なども必要になってくるだろう。また、そもそも建設以前に利用者が極端に少ないと見込まれるのならば、中途半端に道路を建設しないというのも策の一つだ。

<スポンサー>

 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

よもぎおとな研究所 副編集長

投稿者プロフィール

ライターページ
おとな研究所副編集長、ブロガー
Twitterフォロワー数8000人超
時事・教育・経済など幅広い分野に関心あり

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る