渋谷の若者向けワクチン接種会場 東京都の後手後手の対応が露呈し混乱も

8月27日に東京都が渋谷駅近くに設置した若者向けワクチン接種会場だが、東京都の対応が後手に回り会場では2日連続で混乱が生じているようだ。

先着順が仇となり大行列が発生

まず接種会場が設置された27日は先着順で整理券が配布されるという方式だったが、整理券を求める若者が早朝から長い行列を作り、現場は密になってしまった。

27日から東京都は、渋谷に若者向けの新型コロナウイルスワクチンの接種会場を設置しましたが、予約なしで受けられることから早朝には希望者の長い行列ができ、27日の受け付けは終了しています。

渋谷の若者接種会場 大行列で抽選制決定 より

これを受け、小池百合子東京都知事は「今朝7時30分の時点で300人を超える方々が集まった。すぐに定員に達しまして、整理券をお配りしました。明日からは人が集まることのないように抽選による仕組みを検討いたします」とコメント。28日以降は先着順ではなく抽選制で行われることになった。

抽選制に変更した28日にも混乱が

しかし、抽選制に変更した28日にも会場付近では大混乱が発生してしまった。

東京都は28日、JR渋谷駅近くの予約不要な新型コロナウイルスの若者向けワクチン接種会場で、300人を抽選で選ぶ方式での運営を始めた。会場の渋谷区立勤労福祉会館には長蛇の列ができ、2226人に抽選券を配布。都は午前9時に予定していた抽選券の配布開始を40分ほど前倒ししたほか、周辺に希望者が殺到して抽選開始が遅れるなど、大きく混乱した。
(中略)
都の担当者によると、約1キロ離れたJR原宿駅付近まで行列が続いた。ツイッターでは「行ってみたけど、並んでてすさまじかったからやめた」などと、この日の接種を諦めたとの書き込みが見られた。

東京・渋谷の若者向けワクチン接種、抽選方式に変更も希望者殺到 1キロ先の原宿駅まで2226人が長蛇の列 より
渋谷の若者向け接種、抽選でも2000人超 原宿駅まで行列 354人当選 より

抽選制でも現地に行かせたら意味がない

27日の混乱を受けて都の担当者は「あれほど早朝から多くの人が来るとは想定していなかった」とコメントしているが、多くの人が行きかう渋谷で行列ができることは想像に難くないだろう。

これだけでも東京都の対応は非難に値するが、極めつけは抽選のやり方だ。なんと現地で抽選券を配る方式だったのだ。これでは行列ができることに変わりないではないか。

サーバーが落ちる可能性もあるがオンラインで受け付ける方が、現地で行列になって密が生まれるよりかははるかにマシだったはずだ。今回の事例は東京都の対応が完全に後手後手であったことが露になってしまった。

<スポンサー>
 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

よもぎおとな研究所 副編集長

投稿者プロフィール

ライターページ
おとな研究所副編集長、ブロガー
Twitterフォロワー数8000人超
時事・教育・経済など幅広い分野に関心あり

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る