ネット投票の現状 ネット投票のメリットデメリット、世界の動きをわかりやすく解説

第49回衆議院議員選挙の投開票日が31日と迫っている中、各政党は精力的に活動を続けている。それに伴いマスコミの報道も衆院選一色でまさに「選挙ムード」が漂っているが、今回はその選挙にまつわる一つの話題について考えていきたいと思う。

今回取り上げるテーマは「ネット投票」だ。現在の公職選挙法では第46条で投票用紙に記入して投票すると定められているため、ネット投票は不可能だが、世界各国では様々な理由からネット投票の導入が検討・実現されている。

この記事では次のような構成となっている。まず各国のネット投票の導入状況を確認し、ネット投票のメリットやデメリットを検討、最後に日本の取り組みについて述べていこうと思う。

よもぎおとな研究所 副編集長

投稿者プロフィール

ライターページ
おとな研究所副編集長、ブロガー
Twitterフォロワー数8000人超
時事・教育・経済など幅広い分野に関心あり

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る