【続報】組織委会長 後任に川淵三郎氏で調整

2021-2-11


東京五輪組織委の森喜朗会長が辞任する意向を固めたことを受け、後任に日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏を充てる方向で調整が進められていることを、TBSが報じている。

川淵氏は1936年生まれの元サッカー選手で、今年の東京オリンピック・パラリンピック選手村の村長を務めている。

ピックアップ記事

  1. 全く意味が分からないニュースが飛び込んできた。 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会…
  2. 核シェルターが必要な理由 日本は「平和ボケ」をしているとよく揶揄されるが、まさにその通りで日…
  3. 前年11月に否決された大阪都構想に代わる「目玉政策」を模索している日本維新の会では藤田文武(40)…

codocログイン

ピックアップ記事

  1. 2021-2-27

    女性理事を11人増やしても男女差別解消にはつながらない

    全く意味が分からないニュースが飛び込んできた。 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会…
  2. 2021-2-26

    今だからこそ核シェルターが必要だ!

    核シェルターが必要な理由 日本は「平和ボケ」をしているとよく揶揄されるが、まさにその通りで日…
  3. 2021-2-25

    「新・所得倍増計画」の解剖: 日本改造の礎

    前年11月に否決された大阪都構想に代わる「目玉政策」を模索している日本維新の会では藤田文武(40)…

今日の天気


札幌市 Booked net
-4°C
東京都 Booked net
+10°C
大阪市 Booked net
+C
福岡市 Booked net
+C

スポンサー




スポンサー







ページ上部へ戻る