【速報】政府 川淵氏の会長就任白紙を働きかけ検討

2021-2-12

FNNによると、政府は辞任決まっているオリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の後任に川淵三郎氏を
起用する案が出ていることついて、国民の間に反発する声があることを踏まえ、起用を白紙とするよう組織委員会に働きかける検討に入ったという。

政権幹部は「国の内外で批判がある中で。女性の起用や世代交代をしないと変わったと言う印象を持ってもらえない」と語り、川淵氏の起用を白紙としたい意向を示したという。

政府の意思が尊重される場合、川淵氏の会長起用は見送られ、女性を会長とすることも含め検討される見通しで、その場合の会長候補としては橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣を推す声が出ている。

【以下続報】

東京五輪・パラリンピック組織委員会の後任を巡って、森喜朗会長が後継指名した川淵三郎元日本サッカー協会会長が、一転して、会長職を受諾しない考えであることを共同通信が報じている。

FNN

 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-10-17

    徹底分析!国民民主党衆院選公約 「動け、日本」スローガンに込められた決意を読み解く①

    国民民主党が衆院選公約とCMを発表  衆議院が解散された14日、国民民主党の玉木雄一郎代表は…
  2. 2021-10-11

    立憲民主党の議員・候補者は、なぜ「性的な不祥事」が多いのか 4年間の「ハレンチ」総集編

    この4年間にここまで性的な不祥事を起こした政党は、立憲民主党だけ!  年月議員・候補者名不祥…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る