【速報】組織委会長に橋本聖子氏、五輪相に丸川珠代氏

2021-2-18

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会はが今日相次いで理事会などを開き、組織委員会会長について森喜朗氏(83)の後任に橋本聖子氏(56)を選出することを決めたと、共同通信などが報じている。5カ月後の開催に向け、オリンピックに7度出場したスポーツの経験と、参議院議員を5期務めた政治の経験を持つ橋本聖子氏には、早くから候補として有力視されていた。

組織委が設置した「候補者検討委員会」(委員長・御手洗冨士夫名誉会長)で、国際的知名度や組織運営能力など5項目の観点から選考し、就任を要請。橋本氏の受諾を受け、18日の組織委理事会、評議員会で就任が決まったという。

これに伴い、橋本氏は国務大臣(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当)と内閣府特命担当大臣(男女共同参画)を辞任。菅首相はこれらの後任に丸川珠代元五輪相を当てる方針を明らかにした。

なお、橋本氏は参議院議員には留まる見通しだ。

 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-10-17

    徹底分析!国民民主党衆院選公約 「動け、日本」スローガンに込められた決意を読み解く①

    国民民主党が衆院選公約とCMを発表  衆議院が解散された14日、国民民主党の玉木雄一郎代表は…
  2. 2021-10-11

    立憲民主党の議員・候補者は、なぜ「性的な不祥事」が多いのか 4年間の「ハレンチ」総集編

    この4年間にここまで性的な不祥事を起こした政党は、立憲民主党だけ!  年月議員・候補者名不祥…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る