【速報】ミャンマー 国連大使を解任

2021-2-28

時事通信によると、国連総会の会合で国軍によるクーデターを非難していたミャンマーのチョー・モー・トゥン国連大使が解任されたとミャンマー国営テレビが報じたという。

アウンサンスーチー国家顧問を含む与党幹部の多数拘束に始まった国軍によるクーデターは依然進行中で、死亡したと伝えられるデモ参加者が「死亡ではなく重傷」との報道も出るなど、情報の錯綜も見られる。

東南アジア諸国連合(ASEAN)はミャンマーの情勢を話し合う特別外相会議を3月2日に開催する方向で調整している。域内の安定化に向け、対話による早期の正常化をミャンマーに促すとみられる。会議はジャカルタで開催されるという。

ミャンマー国連大使解任 クーデターを非難

 

フォロー・いいね・チャンネル登録での
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

 

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-10-17

    徹底分析!国民民主党衆院選公約 「動け、日本」スローガンに込められた決意を読み解く①

    国民民主党が衆院選公約とCMを発表  衆議院が解散された14日、国民民主党の玉木雄一郎代表は…
  2. 2021-10-11

    立憲民主党の議員・候補者は、なぜ「性的な不祥事」が多いのか 4年間の「ハレンチ」総集編

    この4年間にここまで性的な不祥事を起こした政党は、立憲民主党だけ!  年月議員・候補者名不祥…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る