おとな研究所・新プロジェクト、始動!

【衆院静岡補選】自民vs野党共闘vsN国党!?

【衆院静岡補選】自民vs野党共闘vsN国党!?

望月義夫元環境相の死去に伴う静岡4区補欠選挙が今月26日に行われる。自民党は地元県議の深澤陽一氏を擁立、公明党も推薦する。一方、立憲民主党や国民民主党、共産党などで作る野党共闘陣営は元都議の田中健氏を擁立。さらにNHKから国民を守る党も参戦し、大混戦が予想される。

自民は“弔い合戦”勝利へ全力、野党陣営は共闘へ

自民党陣営は、望月氏が宏池会の役員を務めていたこともあり、岸田政調会長が中心となり弔い合戦の勝利を目指す。補欠選挙の結果は今後の政権運営に支障をきたす可能性があることに加え、ポスト安倍を目指す岸田氏自身にとっても命運のかかった選挙戦になるため、陣営には緊張が走っているようだ。 深澤氏は議員秘書や市議会議員などを歴任、そして昨年行われた静岡県議選では自民党公認で静岡市清水区においてトップ当選を果たしている。望月氏の後任をアピールすると共に、地元経済や農林水産政策を中心に支持拡大を目指す。

議席奪取を狙うのは、立憲民主党や国民民主党、共産党などの野党共闘陣営だ。元都議で、前回衆院選は希望の党公認で出馬した田中健氏を共同で推薦する。

当初は、野党各党が独自に候補者を擁立する構えであったが、立憲や国民が田中氏の推薦を決定。共産党も候補者を取り下げ、先月にはコロナウイルス対策の推進や安保法、改憲などに反対するという政策確認文書に各党が署名。連合静岡も田中氏推薦を決め、参院選に引き続き野党共闘が成立した。

N国も「田中健」氏を擁立

NHKから国民を守る党からは、立花党首自身が立候補予定であったが、先月の出馬会見当日に森友問題で実刑判決を受けた(現在控訴中)の籠池泰典氏に電話で立候補を打診、即座に本人が承諾したのであった。

しかし後日、「籠池氏からは自分が野党統一候補になれなければ出ない」と発言したことを受け、立花氏は立憲民主党などに籠池氏推薦を要求。その交渉カードの1つとしてなんと、野党統一候補と同姓同名の「田中健」氏(同党の浜田聡参院議員の公設秘書)の擁立を発表したのであった。

立花氏は数年前より森友問題についてYoutubeなどで発信を続けている。解決の1案として籠池氏を国会に送り込むことが得策であると考えているためだ。仮に籠池氏の野党統一候補化が実現した場合は、田中健氏の擁立を取りやめ、籠池氏を水面下で支援をする方針だ。

立花氏の思惑はもう一つある。

無所属の田中氏と同姓同名の候補者を擁立する理由は「票がどうカウントされるか見たい。弱小政党なので法の内側でいろいろなテストをしなければならない」とした。さらに「次の衆院総選挙の小選挙区に、自民党への妨害として同姓同名の人物を集め(擁立し)たい」と安倍政権への対立姿勢を示した。

静岡新聞 https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/752913.html

今回の補選では同姓同名を擁立した場合の票の入り方を見る、実験場とするようだ。仮にこの作戦が成功した場合は、次回の衆院選では「安倍晋三」「麻生太郎」「原田賢治」「佐藤ゆかり」などの自民党議員と同姓同名を探す、もしくは芸名などで立候補させて安倍政権打倒を目指すと語っている。

既存政党では考えつかない、N国らしい奇策だ….。

このほかにも、無所属の山口賢三氏が立候補の意向を表明。日本維新の会の富士宮市議会議員も出馬を検討、立候補者説明会に参加したとの情報がある。

前回の結果は!?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E7%AC%AC4%E5%8C%BA) より

前回は自民党の望月氏に希望の党の田中氏と共産党公認の松原氏が挑む構図であった。今回は野党候補が一本化されることに加えて連合静岡の推薦が加わり組織戦が展開されることから、ほぼ互角の戦いになるとも予想できる。

補選延期論も

コロナウイルスの影響により、一部野党からは今回の静岡補選を延期する方がよいのではないかという話も先日浮上した。

国民民主党の静岡県連会長を務める榛葉賀津也参院幹事長は31日の記者会見で、衆院静岡4区補選(4月26日投開票)について、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「(有権者に)投票に行きたくないという心理が働くなら民主主義の崩壊になる」と述べ、延期の検討を訴えた。
 同補選は自民候補と国民など野党4党の統一候補による事実上の一騎打ちとなる公算が大。榛葉氏は「政策や思いを訴える権利が制限され、一票の行使も制限されかねない」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000049-asahi-pol

2011年の統一地方選において、震災で大きな被害を受けた東北の該当自治体は半年間選挙実施を延期するという特例措置が取られたこともあり、特例法を制定することにより延期は可能となる。

静岡の補欠選挙の他もこの際、コロナウイルスが終着するまで延期を検討するのもよいと思が。

投票場所と日程は?

今月14日公示、26日が投票日となり、即日開票される。静岡4区は静岡市葵区、清水区、駿河区そして富士宮市、富士市で構成。

もちろん期日前投票も可能だが、実施場所により期間や投票可能期間が異なる場合がある。各自治体からの案内を確認したうえでぜひ投票所に足を運んでいただきたいと思う。(詳細は下記のリンクをご覧下さい。)

○静岡市⇒ https://www.city.shizuoka.lg.jp/384_000084.html 
○富士宮市⇒http://www.city.fujinomiya.lg.jp/sp/municipal_government/visuf8000000x7dv.html
○富士市⇒https://www.city.fuji.shizuoka.jp/sp/shisei/c1702/fmervo000000169e.html

政治カテゴリの最新記事