アーカイブ:2020年 9月

  • 【次期衆院選情勢】東京一区は三極の争いに

    首都東京の中心地でもあり、全国的に最も注目される選挙区の1つである東京一区には、立憲現職の海江田万里氏に前回比例復活当選の自民・山田美樹氏が再挑戦する。また、今年7月の東京都知事選に立候補した小野泰輔氏(元熊本県副知事…
  • 【年内解散説消滅?】最新政局を読み解く

    7割に迫る異例の高支持率でスタートした菅義偉新内閣。たたき上げ内閣として国民から注目されつつ、そしてお決まりのごとく噂されるのは高支持率・高注目のうちの解散・総選挙である。当初は菅内閣が組閣直後の解散を打ち込むことが取…
  • 大学は、原則オンライン授業をいつまで続けるのか

     第1次世界大戦も、始まった頃は誰も「世界大戦」になると予想していなかったと言われる。1914年7月末に始まった戦争は、当初は、「クリスマスまでに終わる」と予想されていた。しかし、数年単位で、世界を巻き込む大戦となって…
  • あまりにも杜撰な「世田谷モデル」

    「いつでも、どこでも、何度でも」PCR検査を受けられるようにする「世田谷モデル」が壁にぶつかっている。大量検査の前提となる「プール方式」がまだ認められておらず、また検査の財源や陽性者の受け入れ態勢が整っていない。世田谷…
  • 反緊縮界隈のレベルに呆れる

    9月19日に、私の盟友であるRyuga君がみこチャンネルに登場し、安倍政権の経済政策を語っていた。非常に的確な分析を行っているので是非皆さんにも見て欲しい。 https://www.youtube.com/wa…
  • 【結局民主党!?】政党名略称の同一問題、その弊害とは

    先日、このようなニュースがインターネット上を中心に話題となった。 分党と結党を経て新たに誕生した立憲民主党と国民民主党はそれぞれ、公職選挙法に基づく衆院選比例代表での略称を「民主党」として届け出た。総務省が発表し…
  • 【政権交代】小沢一郎氏の自信はどこから来るのか

    悲願「大きな塊の結成」の成就 政党クラッシャーとの異名を持つものの、自身の手で政権交代を2度も成し遂げた剛腕政治家である小沢一郎氏。先週結党された合流新党「立憲民主党」の結成にも暗躍した模様だ。これは同氏がかねて…
  • 新しい国民民主党の使命とは―存在価値が無いとは言わせない

     9月15日に国民民主党が設立大会を開いた。その2日後に、おとな研究所の仲間であるマクロス氏が以下のような記事を書いた。今回は、タイトル通り、マクロス氏に反論しつつ、これからの国民民主党に求められる役割について説明した…
  • 菅内閣で行政のデジタル化は進むのか

    令和2年9月16日、菅内閣が発足した。安倍前首相が持病悪化を受けて辞任したこともあって、基本的には安倍政権の継承を意識している。 しかし一方で、菅内閣は規制改革や行政のデジタル化など独自のカラーも打ち出そうとして…
  • 【解散総選挙】最新版!衆院選全議席全体予想

    16日に菅義偉内閣が正式に発足し、各大臣の人柄や横顔そしてインターネット上を中心に高い人気と知名度を誇る河野太郎大臣らにお茶の間の注目が集まっている。 そのような中、昨日は菅政権発足に伴う緊急世論調査が各マスコミ…

アーカイブ

カテゴリー

スポンサー




この続きはcodocで購読

今日の天気



札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る