21世紀の企業経営 CSR・ESG・SDGs

 連日「SDGs」についての情報が飛び交い、報道がなされるようになった現代社会。公正や平等を求めながら、活発に経済活動や消費が行われている現状に違和感を抱く人も多いかもしれない。

 しかしながら、市場や企業においても、「持続可能性」を求める動きは始まっているのだ。

「サステナビリティ」を求められる企業経営

 21世紀の社会において、人間活動の全てで「サステナビリティ」が重視されるようになった。「サステナビリティ」とは日本語で「持続可能性」を意味する語で、地球環境をより長期間安全に保つために必要とされる。

 この「持続可能性」は決して環境保護論者のためだけの言葉ではない。消費者の意識も刻々と変化している中、顧客のニーズに応じた企業価値を提供できる企業の財やサービスが選択されるのである。

 つまり、あらゆる側面の「サステナビリティ」を維持することが経営においても不可欠になってきているのだ。そのような経営を考えるにあたって重要な3つの指標を紹介する。

CSR

 まず「CSR」を説明する。「CSR」とは「Corporate Social Responsibility」の略語であり、日本語では「企業の社会的責任」と訳される。

 ビジネスは、環境や社会に負荷をかけながら行われているという考え方が一般的になった現在、利益を社会に還元したり、ガバナンス情報をガイドラインに沿って公開したりすることで「社会的責任」を果たす、というのがCSRの考え方だ。

<スポンサー>

Alice編集部員

投稿者プロフィール

ライターページ
おとな研究所 編集部員
ジェンダー/セクシュアリティや外国人の権利問題に強く関心を持っています。社会問題についての記事が多くなると思いますが、おとな研究所に新しい風を吹かせることができればと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2022-7-7

    表現の自由を守るため、長い距離を「ひたすら歩く」 国民民主党・たるい良和候補のユニークな選挙戦術

    衆院選では、比例候補として中国地方を「踏破」 伊藤たかえ候補(国民・愛知選挙区)の応援に歩い…
  2. 2022-6-24

    【編集部記事】自民党政権公約は今…衆院選マニフェストの実現状況を徹底検証!

    昨年11月の衆議院議員総選挙から、約半年が経ちました。 与野党ともに政局も多く変化しましたが…
  3. 2022-6-23

    【編集部記事】乙武洋匡氏と考える「ダイバーシティー」~意見交換で見えたもの~(後編)

    参院選に出馬される予定の乙武洋匡さんと、渋谷区議会議員の橋本ゆきさんとの、ダイバーシティに関する意…
  4. 2022-6-22

    【編集部記事】もう迷わない!立憲民主党と国民民主党はここが違う

    「立憲民主党と国民民主党って何が違うの?」「結局どっちも民主党なんでしょ?」 立憲民主党か国…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る