国立の追悼施設の設置は国家の責務ー靖国参拝問題に終止符を打つために。ー

※当記事は有料記事となっております。

日本は約2ヶ月後の8月15日に終戦記念日を迎えますが、心穏やかに祈りを捧げるはずのその日に例年話題となるのは閣僚や、内閣総理大臣の靖国神社の参拝問題です。そこで、今回は右派と左派の政争の具にも使用されてしまっている「靖国参拝問題」を中心に、戦没者への追悼の在り方について考えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Ryuga

投稿者プロフィール

ライターページ
政治の道を志す学生。専門は経済学(上げ潮派)。中高と陸上競技(長距離)に励み、その後は政党学生部の運営やWEBメディアへの寄稿を行う。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







今日の天気

札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る