おとな研究所・新プロジェクト、始動!

【都知事選#4】山本太郎氏が出馬!? その他最新情勢も!

【都知事選#4】山本太郎氏が出馬!? その他最新情勢も!

都知事選が始まるまで1週間を切った。前回記事を投稿した今週月曜日以降、またもや選挙戦構図が劇的に変化する可能性がある動きが生じた為、今回も都知事選の最新情報について触れていきたい。先日毎日新聞が山本太郎氏の出馬可能性を報道。そして立候補の可能性があると話題の堀江貴文氏の不出馬が確定的となったのだ。この二人の動向が及ぼす影響や最新情勢についてお伝えする。

小池知事がついに出馬表明

小池知事は今日午後、都知事選への出馬を正式に表明した。4年前と同じく他の政党に推薦は求めない考えであるが、与党の自公に加えて都民ファーストの会や連合東京などが実質支援に回るとされ、2期目当選に盤石な体制を固めたとも言える。

なぜ今になり?山本太郎氏の狙いとは

れいわ新選組の代表を務める山本太郎氏は11日、記者会見で都知事選への出馬を検討していると明らかにした。立候補の可能性は「50%」であるとして来週までに決めるという。(産経新聞

当初、野前川元文科省次官や蓮舫参院議員らと並んで最有力の野党統一候補とされていたものの本人は出馬依頼を固辞していた。その後、国民民主と維新を除く主要野党は宇都宮健児元日弁連会長を擁立。しかしれいわ新選組は宇都宮氏の推薦政党に名を連ねなかった事に様々な憶測が広まっていた。

宇都宮氏は出馬した12年、14年都知事選では共産党などに推されながらも100万票近くも獲得。今回は野党第一党である立憲民主党なども宇都宮氏支援に加わるものの、左派色の強さや年齢などを考慮すれば都知事選での勝敗のカギを握る無党派層や保守層などへの支持拡大には限界が生じる。

しかし、山本太郎氏の場合はどうだろうか。昨年の参院選では、れいわ新選組は政治団体であった為マスコミ報道などにおいて圧倒的に不利な条件下であったのにも関わらず比例代表で45万票を獲得。さらに山本太郎氏は左派票の他にも知名度を生かし無党派層そして一部の保守層にも政策的親和性があるために幅広い層からの得票が見込める。

山本太郎氏が出馬することにより不利益を被るのは無党派層からの支持が熱い小池氏、そして維新推薦で出馬予定の小野氏などだ。例え宇都宮氏と競合することになろうが悪影響を及ぼすのは決して野党系だけではない。

Advertisement

こう見てみれば野党系は山本太郎氏に一本化することが最善であると考えられるが、そう簡単な事ではない。すでに統一候補として決定している宇都宮健児氏は前回、野党共闘のために出馬を辞退し鳥越俊太郎氏を支援。不出馬は苦渋の決断であったそうだ。今回は何が何でも出るのだとか…

ただし都知事選は「後出しじゃんけん」である以上最後まで分からないが、次期衆院選での主導権獲得のために野党各党に揺さぶりをかけているだけではないかとも思える…

れいわ新選組は一部の世論調査では支持率が0%代になるなど党勢は低迷。新型コロナの影響で本人の全国行脚ができていないことなどが挙げられるものの、党の影響力はれいわおひざ元の東京でも低下していることは間違いない。

知事選告示ギリギリまで伸ばすことにより注目度を高める。

そして山本太郎不出馬を取引材料に、次期衆院選での候補者調整や新たなる野党再編の主導権を握ることが真の目的ではないか。

ただ、万一山本太郎氏が出馬すれば宇都宮氏の得票数を超すことはほぼ確実であると私は予想している。

堀江貴文氏の不出馬は決定的…ホリエモン新党とは何だったのか

山本太郎氏と共に動向が注目されるのは堀江貴文氏だ。先月、「東京改造計画」という著書を出版したことに加えてN国党の立花党首の発言が重なり都知事選出馬が一部のスポーツ紙で報道された。小池知事に対抗する有力候補の出現とささやかれていたが、昨日不出馬が決定的になる出来事が生じたのである。

日本維新の会から推薦を得て出馬する予定の小野泰輔元熊本副知事が堀江貴文氏と会談。小野氏本人のツイートでは堀江氏からサイン入りの著書が手渡される様子がうかがえる。波紋を呼んだのはツイートされた一枚の写真だ。その堀江氏のサインを凝視すると、「小野さん当選してください」という文字が。まだ断定はできないが、これは堀江氏が小野氏の支援に回ることになったとも判断できる。堀江氏不出馬はほぼ確定事項か。

そもそも堀江氏の出馬報道のソースはスポーツ紙とN国の立花氏本人のみ。信憑性が低い媒介を通じたものであることと、単に本を売るためだけに出馬を示唆しているだけとの憶測も当初から広がっていた。

発売前から重版が決定し、ブックランキングにも上位に浮上。同時にメディア露出も増加したことから堀江氏はさぞご満悦だろう。

しかしここにきて面白くないのはN国党の立花党首だ。立花氏は先月より堀江氏の出馬は極めて高いと自身満々に語っていた。そして真意は未だ不明だが堀江氏の出馬をアピールするためか「ホリエモン新党」を結党。先週の港区長選で候補者を擁立したものの最下位落選だった。

真意はよくわからないが、あくまでも堀江氏の当選をアシストをするためだけに結党されたようだが、ここにきて計画の頓挫。知事選前に役割を終えてしまったとも酷評できる。

Advertisement

N国系は3名立候補へ

立花氏は本日都内で記者会見を開き、自身はN国公認で出馬する意向を表明。さらに無所属では小池百合子氏(現職知事と同姓同名)、ホリエモン新党からも1名出して計三名で都知事選に挑むことを表明した。

立花氏は当初ホリエモン新党から出馬する予定だった。

N国からの出馬に変更したのはマスコミ報道が念頭にある。ホリエモン新党は政治団体である以上、マスコミに泡沫候補扱いにされる可能性が極めて高い。しかし、れいわと同じく政党要件を満たす「NHKから国民を守る党」公認で出馬すれば山本太郎氏と同列で扱われ、主要候補として各社に取り上げられる。メディア露出増加を狙った巧みな戦術である。

同姓同名小池百合子は心理的な嫌がらせ?

小池知事と同姓同名の「無所属・小池百合子」を出馬させる。ただ、4月の衆議院静岡補選で判明したようにこの作戦は両陣営が投票用紙に年齢まで明記させたことによりこの作戦は不発に終わった。

ただし、一般論で考えれば女性が年齢と共に自身の名前を売るのはあまりにも酷ではないか。告示後、現職知事の選挙運動において「小池百合子・67歳」のビラや登り旗が立つことを想像すれば、本人は複雑な心境になるだろう。選挙システム上は合法だが、もはや単なる嫌がらせ行為にもとれる…

※当初の予告とは内容を変更して投稿させて頂きました。また都知事選関連の最新情報が入り次第、記事にてお伝えします。

都知事選2020カテゴリの最新記事