おとな研究所・新プロジェクト、始動!

【速報】れいわ新選組・山本太郎氏が都知事選に出馬表明

【速報】れいわ新選組・山本太郎氏が都知事選に出馬表明

今週18日に告示される東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎氏が出馬を表明した。小池都政への不満やコロナ対応の不備が立候補を決めたという。

山本氏自身に野党側からの出馬打診があったことは認め、統一候補となる宇都宮氏とは二度にわたり面会。同氏は山本太郎氏と選挙戦で競合する事を容認したという。宇都宮氏と候補者調整に応じられなかった主な理由としては、財政政策の相違を挙げた。

選挙戦では大胆な財政支出や東京オリパラ中心を中心として以下の8つの緊急政策を打ち出し都民に訴える。

①東京オリパラの中止 

②15兆円での地方債発行で都民に10万給付、高校以上の授業料1年間免除、全事業者に100万円給付、水光熱費を一年間免除

③都の職員を3000人増員、ロスジェネ・コロナ失業者への職を確保

④都営住宅等を低家賃として住宅を確保(住まいは権利)

⑤PCR検査や入院体制を拡充・都立病院の独立行政法人化の中止

⑥首都直下地震などの災害対策(都として防災庁を設立)

⑦障がい者のことは障がい者が決める東京

⑧保育所などの増設、介護・介護職の処遇大幅改善

残りの政策は後日HPで掲載される見込みだ。

Advertisement

山本氏の他にも都知事選には現職の小池百合子知事、元日弁連会長の宇都宮健児氏、元熊本県副知事の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏などが立候補をすでに表明している。

都知事選2020カテゴリの最新記事