自民党環境副大臣 時限的消費減税の可能性に言及

 7月29日、石原宏高環境副大臣は、SNSサイト「ツイッター」で、「消費税を1〜3年程度減税する事は、経済対策としてあり得ると思います。でも、ご理解頂きたいのは、日本は恒常的に赤字国債を発行して予算を組んでいます。未来永劫は難しいと思います。」と投稿した。政務三役で消費減税の可能性に言及したのは、昨年10月の増税の後では初めてである。一部報道では、官邸が時限付きの消費減税を検討しているという。現時点で可能性が高いわけではないが、世論の後押しがあれば、政府が、景気対策としての消費減税に踏み切る可能性がある。

 なお、その一方で新たな増税の動きには引き続き警戒すべきである。本日8月5日、政府税制調査会(首相の諮問機関)の会議が、約半年ぶりに開かれた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080501143&g=eco

 時事通信の報道によると、さらなる増税を呼びかける意見も出たという。一部の経済学者の間では、増税による財政再建を目指す考えが依然として根強い。今後の動きには、注視する必要がある。

スポンサーリンク

 政府やメディアには、昨年10月の増税の景気への悪影響を軽視する考えが散見される。しかし、政府の発表によると、消費増税の行われた昨年10月~12月の経済成長率は年率換算で-7.2%である(今年の1~3月は年率換算で-2.2%)。多くのメディアは、新型コロナの影響で景気が悪化していると報じているものの、実態としては昨年10月の消費増税のせいで既に景気が悪くなっていたのだ。消費増税による景気悪化に追い打ちをかけるように、今年に入ってコロナの影響が出ているのだ。

 今回の景気悪化からの回復を目指すためには、最初の要因である消費増税を撤回するしかないと、私は考える。もっとも、一時的な減税では消費を刺激する効果が小さい。また、コロコロと税率が変わると、事業者にも負担を与えかねない。時限的な減税でなく、恒久消費減税が望ましい。

\ 有料記事には定期購読がお得 /
▼おとな研究所へのご支援よろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
虎

投稿者プロフィール

ライターページ
大学院生2年目です。法律や経済など幅広く投稿します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    与野党相乗り?保守分裂? 地方の選挙をわかりやすく解説!

     国会においては、連日のように与野党による攻防が続いており、一見して「犬猿の仲」というように見える…
  2. 2021-4-14

    備考:諸国の全要素生産性統計

    前回の記事で、全要素生産性が持続的に上昇すれば資本投資の好循環を生み出し年間2%程度の潜在成長に繋…
  3. 2021-4-13

    巷で出回る原発処理水の「海洋放出反対論」を検証

    政府は今日、東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムを含む処理水を海洋放出する方針を固め…
  4. 2021-4-13

    【参議院補選・長野県選挙区】最新の情勢予測と政局への影響は

    羽田雄一郎氏の死去に伴う参院長野補選は8日告示され、自民党新人で衆院議員を2期務めた小松祐氏、立憲…

カテゴリー

スポンサー







今日の天気



札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る