皇位継承を考える —ゲストライター記事

※この記事は、ゲストライターによる寄稿記事です。寄稿の応募はコチラから誰でも可能です。

序文

皇室とは何か。皇位継承とは何か。これは日本人にとって幅広く関心のある事柄だと思います。私も約半世紀を生きてきて、10年前にやっと今の持論に辿り着けました。

これから述べるのは私個人の価値観でありこれが広く皆様にご理解頂ければ今のような議論が不要になるのではないかと考えております最後までお付き合い頂けますようよろしくお願いいたします。

皇室は存在した方がいいのか。

これには多くの国民が皇室の存続を願っている事は間違いないと認識しています。現に2019年のNHKの世論調査でも役7割の人が皇室について関心があると答えています。

では皇室とは何なのだろうか。これは人により意見が異なるが私にとっての皇室と天皇とは“国体(國體)”であると考えます。国体とはすなわち国家及び国の在り方国そのものであるという考え方です。なので現皇室の終わりとは国家の終わりを意味する事なのです。

女系とは何か。

ここ15年でよく聞かれる様になった女系なる言葉があります。一般的に女系とは女系天皇を指す言葉です。これは2007年の小泉政権下の私的諮問機関“皇室典範に関する有識者会議”で出てきた言葉で当時の皇室の状況を見た有識者より発せられた新しい言葉なのです。

皇室典範に関する有識者会議(第1回)議事次第

私はこの女系という言葉が嫌いです。

<スポンサー>

男系男子万世一系でこれまで紡がれてきた皇室の歴史でこれほど衝撃的な言葉はないのではないかと考えております。

近年の多くの方の認識では男女平等や個人の価値観の変化で女性の地位や家に対する考え方が多岐にわたっている事は認識しています。がしかし、皇室とはその家と皇統を少なくとも1600年以上の長きにわたり護ってきた歴史と伝統のある国そのものなのです。その皇統に女系というのは氏族の交代であり国家の簒奪なのです。私がこの女系という言葉を最も嫌う理由がその氏族の交代、国家の簒奪を巧妙に隠す卑怯な隠れ蓑にされている事実なのです。

男系とは。旧皇族の復帰論

男系とはこれ即ち皇統です。先にも述べましたが皇室の歴史はこの皇統をずっと護持してきた歴史でもあります。しかし今まさにこの皇統の危機にあるのは広く一般の方々にも認知されている事だと思っております。では何故皇統が存続の危機にあるのでしょうか。

現皇室では皇統を継げる皇族はお三方しかおられず、常陸宮正仁親王殿下のご高齢を考えれば実質秋篠宮家の文仁親王殿下とそのお子様である悠仁親王殿下のお二人となる事は既知の事実です。仮に悠仁親王殿下が成人されご成婚となった時に、お子様に男子がなければ、現皇室典範では皇統の途絶を余儀なくされるからです。

そこで持ち上がったのが先般の皇室典範に関する有識者会議での旧皇族の皇籍復帰論です。これは大きな一歩だと私は考えております。

最新の皇室典範に関する有識者会議の報告書

男系派女系派の意見の相違は埋められるのか。

男系派の方々に私を含め意見があるように、女系容認派の方々にも意見があります。これは勿論当たり前の事なのですが、多分どちらもお互いの主張は譲らないと感じます。

そもそも論ですが皇室の事を私達が議論する事に誰も違和感がないのでしょうか?

<スポンサー>

皇室は国民の象徴であり広く親しまれる存在として戦後の約80年を歩んできました。好きだからこそ声を出したいと感じる方々も多いことでしょう。

でも一歩立ち止まって考えてみてください。皇室とは全く関係のない一般人である国民が何故皇室の跡継ぎを議論するのでしょうか。例えば貴方の家であなたの家族の事に他の家族が口出す事をあなたはよしとするのでしょうか。

少なくとも私は自分の家族の事に他人が口出す事には強く抗議をします。

貴方はどうですか?

皇室問題の根本的解決策。

実は私の皇室に対する考え方は10年前に固まっています。

本来あるべき姿に。

皇室典範の奉還

これが男系派も女系容認派もお互いが歩み寄れる一番の妥協点だと考えます。

<スポンサー>

そもそも大日本帝国時代、皇室典範は法律ではなかったのです。当時、大日本帝国憲法と同じ位置にあったのが皇室典範でした。

皇室の事は皇室が決める。この前提を無視した今の国民の議論は余りにも常軌を逸している様に思えるのです。それが例え女性天皇でも旧皇族の皇籍復帰であっても、決めるのが天皇陛下と皇室の方々の意向ならばそれが正しい道なのではないでしょうか?

最後に。

多分この皇室の問題に対しては賛否だけでなく問題点が多くあります。

私自身この皇室典範の奉還にもたくさんの障害や事前に考えておかなければならない事や議論すべき事が山積みなのは重々承知しております。

私は広く皆様が議論する上で、皇室の立場に立った議論をお願いしたいと考えます。

天皇陛下及び皇室の方々も人間です。傷つかれるのです。

冷静で他者を傷つけない議論をよろしくお願いいたします。

また、皇室典範の奉還に対しご意見などあれば以下のtweetに随時お尋ね下さい。なるべくお返事したいと思っております。

<スポンサー>

ご精読ありがとうございました。


ライター:糸やん Twitter:@Xx_Itoyarn_xX プロフィール:不明

 

フォロー・いいねでの
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







今日の天気

札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る