【キャッシュレス決済マニアが語る】カード払いのすゝめ

皆さんは買い物のとき、支払いは何を使ってるでしょうか?もちろん現金大国の日本では、現金と答える方がいまだ多いと思います。しかし、最近ものすごい数の会社が参入している「キャッシュレス決済」が断然お得です。それに来月までですが、消費税10パーセント増税にともなう「キャッシュレスポイント還元事業」も実施中です。所定の決済方法を行うことで利用金額の2%もしくは5%のポイントを獲得することができます。この機会に完全キャッシュレスに切り替えるのもいいですよね。

今回は、中学生時代から各種決済方法を研究してきた私がおすすめのやり方などを紹介させていただきたいと思います。まずはキャッシュレス決済の方法について一応紹介させていただきます。

多様なキャッシュレス決済

ご存じの方のほうが多いとは思いますが、キャッシュレス決済の方法は多くの種類が存在します。カードや使いかたによっては微妙に異なることがありますので注意が必要です。

①プリペイドカード…あらかじめカードに入金しておくことで使用することができる。suicaやicoca、nanacoやwaonが有名ですよね。使いすぎる心配もなく、しかもカードを保有するのに年齢制限はありません。

②スマホ決済…一昔前までは「おサイフケータイ」という名称でも呼ばれていました。あらかじめアプリで決済方法などを決めて置き、スマホでお店の決済機器にタッチすることやQRコードを読み取ることにより支払いを完了できます。LINEやメルカリ、楽天、PayPayなどが有名です。最近はプリペイドカードやポイントカード機能を内蔵することができるので、スマホ1つですべてのあらゆる決済を行うことも可能です。

③デビットカード…銀行のキャッシュカードと一体型になっているものがほとんどです。カードにはVISAやJCBなどのいわゆる「国際ブランド」が付いているためにクレジットカードと同じように決済をすることができます。ただし、銀行口座の預金額の範囲内でしかカードを使用することができないことに注意する必要があります。また、保有するには原則15歳以上である必要があります。

④クレジットカード…日本で最も使われているキャッシュレス決済法です。18歳以上で収入のある方しか保有できませんが、後払いであることや様々な特典があるなど保有するだけでメリットがあります。ただし、使い過ぎには注意ですよね。

お得な方法は?利便性とポイント還元率から考える

ここで私が一概には「このカード・決済方法が便利でお得」と評価することはできません。皆さんの職種・居住地域・近くの店等様々なライフスタイルに合わせたものを選んでいく必要があります。

<スポンサー>

電車通勤だから鉄道会社が発行しているクレジットカードを利用し、近くのコンビニではそこが発行しているプリペイドカードをメインに使う…なんて方法もありですが、これはあまりお勧めできません。

これをやってしまえば「ポイントが分散してしまう」ことが懸念されます。ポイントサイトなどを経由すれば一つに統一することは不可能ではないのですが、いちいちやるのは面倒ですよね。

その場合、どこでも使える(1つで済む)かつ一定のポイントを稼ぐことができる支払い方法が便利です。例えばクレジットカードではオリコが発行している「THE POINT」やリクルートカード、三井住友カードなどでしょうか。

スーパーやショッピングモールで発行できる流通系カード等もそこでよく買い物をするのならばありかもしれませんが、加盟店以外で使用するとポイント還元率やサービスが大幅に低下するのがネックです。

クレジットカード以外ならばポイントは多く付きませんが三菱UFJなどで発行しているデビットカードなどがおすすめ。VISAなどの国際ブランドがついていますので、スマホ内アプリでの課金がスムーズにできる等利便性は高いです。ただしカードによっては使えないところもある(一部のガソリンスタンドや空港、月額課金サイトなど)ので注意です。

今まで私は4枚のデビットカードを利用してきましたが、唯一オールマイティなカードは三菱UFJデビットカードでした。このカードは利便性の観点から見ればおすすめです。

電子マネーでは利用可能範囲が格段と狭くなるのですが、ポイント還元率が非常に高いのが特徴です。利用頻度の高いコンビニやスーパーで発行されているものを使うのが無難でしょう。

ちなみにポストペイ方式(あと払いの電子マネー、IDやクイックペイなど)ならば基本的にクレジットカードとほぼ同じ範囲で利用することができます。

<スポンサー>

最近ではauウォレット(クイックペイが付属)、メルぺい(IDが付属)などの後払いでも、IDやクイックペイを利用することができるようになりましたが、自販機などで利用できないなど一部不便な面もあります。

数えきれないほどのカードや支払い方法がありますよね…実は新しい決済方法が出るたびに業界紙をチェックしているのですがすごい量の情報ですので全部追うことができません・・・

さらに裏技(ポイント三十取り等)もいろいろあるのですが、長くなるのでそれはまた後程。

最後にはちょっとした「裏技?」を紹介させて頂きます。

ゴールドカードが欲しければ大学生から準備せよ!

誰もが一度でも手にしたいと思う「ゴールドカード」ですが、実は大学生のうちからクレジットカードを使っていけば100%ゴールドカードにたどり着く方法があるのです。

例えばCMでも有名な「三井住友VISAカード」が発行している、「三井住友デビュー+カード」という18歳から25歳までが申し込むことができるカードがあります。このカードを保有し続けていれば25歳以上の最初のカード更新時には自動で「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップします。そして30歳以上の、最初のカード更新時には自動で「三井住友VISAゴールドカード」になるのです!

また、三菱UFJでは「MUFGイニシャルカード」というものが発行されておりこれは「アメックス」ブランドのカードとなります。このカードでは一定の審査があるようですが、原則初回更新時には「ゴールドカード」へとランクアップさせることが可能なのです。

若いうちからゴールドカードが欲しい!!その夢をかなえるには学生の時が大チャンスです。

<スポンサー>

もちろん、カード支払いの延滞などのトラブルが一切なければの話ですがね…

 

フォロー・いいねでの
ご支援よろしくお願いします!

おとな研の”今”を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

おちゃおとな研究所 選挙・政局担当

投稿者プロフィール

ライターページ
大学生ブロガー。
主に選挙や政局、世論調査などが専門。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2021-7-25

    デモで「密」を作り出すオリンピック中止派 「オリンピック今からでも中止」論の無責任さ

     オリンピックが開会した。オリンピック期間の直前、中国発祥の新型コロナウイルス感染拡大を背景として…
  2. 2021-7-21

    大和トンネルの拡幅工事が完成 なぜ大和トンネルは渋滞の名所であり続けたのか

    日本の道路交通の大動脈である東名高速道路。1969年に全線開通してから日本の物流を支え、日本の経済…
  3. 2021-7-1

    ネオコンのレジェンド:ドナルド・ラムズフェルド氏、波乱の人生を追う。

    本日(米国時間30日)、第13/21代、米国国防長官だったドナルド・ラムズフェルド氏が死去したと発…

スポンサー







今日の天気

札幌市 Booked net
-4°C

東京都 Booked net
+10°C

名古屋市 Booked.net - hotel reservations online
+11°C

大阪市 Booked net
+C

福岡市 Booked.net - hotel reservations online
+C

スポンサー




スポンサー




ページ上部へ戻る