NHK党が「ハゲ党」もしくは「諸派党」へ党名変更へ… 立花孝志党首 真の狙いとは

NHKの次はハゲ!?

立花孝志氏率いるNHK受信料を支払わない方法を教える党(略:NHK党)がまたもや党名変更をする話が浮上している。新しい党の名称には「ハゲ党」という国政政党名としては信じられない案が出ており、遅くとも来月〜再来月頃までには正式に決定する考えだ。

党名変更の背景には、NHK党の支持率低迷や話題性の低下などが挙げられている。奇抜な政党名を起用し、悪目立ちすることで次期衆院選や来年の参院選で党勢拡大を狙いにいく模様だ。仮に党名変更が実施された場合、元々の「NHKから国民を守る党」から始まり、「NHKから自国民を守る党」「NHK受信料を支払わない方法を教える党」に次いで3つ目の名称となる。

今まではNHK関連を全面に掲げていたものの、ついにNHKという名称自体消滅してしまう可能性があるわけだ。ある程度話題にはなるだろうが、果たして「ハゲ党」と名称を変更したところで実際の投票行動に繋がるのかどうかは不透明である。

編集部注 : 写真ACより

もう一つの政党名称案「諸派党」とは

NHK党の名称変更案には「ハゲ党」の他に「諸派党」が存在する。立花氏が提唱した「諸派党構想」に対応した名称であるようだ。

現在の選挙制度では、国政選挙で得票率2%を獲得するもしくは国会議員5人以上が所属していなければ衆院もしくは参院選に出馬する際に政見放送が流せない、所定の人数を立候補させなければチャレンジできないなどの制約が生じてしまい、非国政政党、いわゆる政治団体が国政進出する弊害になってしまう。(そのような障害を乗り越え国政政党化したNHK党の戦略には感服するが) そのような政治団体(諸派)に国政進出する機会を与えそして結集するきっかけにする狙いがある。

また、国政政党に得票率に応じて配分される政党助成金も諸派党公認で立候補した政治団体に得票率等に応じて配分する方針を示しており、全国の政治団体から立候補者を募集している。諸派党構想についてはNHK党が作成した下記リンクを参照して頂きたいと思う。

https://jimdo-storage.global.ssl.fastly.net/file/c3bf3600-1cb6-4c36-bca1-391b488d96e9/【案内資料】諸派党構想_210409.pdf

<スポンサー>

選挙制度や公職選挙法の数々の穴や抜け道を公にしグレーゾーンギリギリを攻めてきた立花孝志氏。一種の問題提起の方法であるために評価する声が上がる一方で、政策の一丁目一番地であるNHK問題の解決についてを蔑ろにしているのではと一部有権者の目に写ってしまう可能性も否めないだろう。

NHK党にとって今年夏の都議選や衆院選はまさに生き残りをかけた戦いとなる。立花氏がまた新たな奇抜戦術を実施するのだろうか。目が離せない。

シリーズ「選挙制度問題」特設ページ

おとな研SNSをフォローして、最新情報をいち早くゲット!

おちゃおとな研究所 選挙・政局担当

投稿者プロフィール

ライターページ
大学生ブロガー。
主に選挙や政局、世論調査などが専門。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2022-5-1

    立憲民主党と国民民主党の略称問題も大詰め!重複したら○○が不利になる!

    未解決の、立憲民主党と国民民主党の略称重複問題 2022年4月19日、このような記事が出た。…
  2. 2022-4-30

    投票率と共に沈む日本 -それでも「政局」が大好きなあなたへ

    2022年度がはじまってから1ヶ月、いよいよ夏に参議院通常選挙を控えたこの時期。 揺れ動く永…
  3. 2022-4-30

    アイドルと歌詞とセクシズム

    目に飛び込んできたニュースに驚いた。 おニャン子クラブ、AKB48などアイドルグループのプロ…
  4. 2022-3-3

    「若い人が政治に興味持ってくれて嬉しい」だけで終わらせるな!「若者党」の活動を直撃【編集部企画】

    Twitterを眺めていると、日々色んな情報がタイムラインに流れてくる。 2020年からはコ…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る