立憲民主党の「内ゲバ」について コロナ禍のまっただ中で、国民不在の闘争劇

 立憲民主党で、政治生命を賭けた「内ゲバ」がエスカレートしている。

 岩手1区選出で現立憲民主党所属の階猛(しなたけし)衆議院議員は、旧国民民主党から離党する直前に旧国民民主党県連から資金を持ち出したとして、旧国民民主党を受け継ぐ現立憲民主党から資金の返還請求を受けていた。そもそも階議員が旧国民民主党を離党したのは、小沢一郎氏が代表を務めていた自由党が旧国民民主に合流することに反発してのことだ。したがって、立憲県連の階議員に対する請求は、小沢氏の旧国民民主合流を嫌がった階議員に対する報復措置だと考えられている。階議員は、立憲県連代表として強い影響力を持っている小沢氏を完全に敵に回してしまった格好だ。

 そして、今年に入って、立憲県連と階議員の和解交渉は決裂したため、訴訟の泥仕合となること自体もともと予想されていた。

 しかし、ここに入って、事態がさらにエスカレートした。立憲岩手県連が、階議員に刺客を立てたのだ。8月14日、立憲岩手県連は、次期衆院選で、岩手1区にフリーアナウンサーの佐野利恵氏を擁立すると発表した。つまり、小沢氏側が、階議員を潰しにかかっているのである。同じ立憲民主党という政党内で、政治生命を賭けた死闘が行われている。これを「内ゲバ」と呼ばずしてなんと呼ぶべきだろうか。

参考:立民岩手県連、衆院選へ2新人 1区で現職外し

 では、この騒動について3つの観点から分析していきたい。

投稿者プロフィール

ライターページ
大学院生2年目です。法律や経済など幅広く投稿します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 8月 17日
  2. 2022年 1月 20日

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2022-5-1

    立憲民主党と国民民主党の略称問題も大詰め!重複したら○○が不利になる!

    未解決の、立憲民主党と国民民主党の略称重複問題 2022年4月19日、このような記事が出た。…
  2. 2022-4-30

    投票率と共に沈む日本 -それでも「政局」が大好きなあなたへ

    2022年度がはじまってから1ヶ月、いよいよ夏に参議院通常選挙を控えたこの時期。 揺れ動く永…
  3. 2022-4-30

    アイドルと歌詞とセクシズム

    目に飛び込んできたニュースに驚いた。 おニャン子クラブ、AKB48などアイドルグループのプロ…
  4. 2022-3-3

    「若い人が政治に興味持ってくれて嬉しい」だけで終わらせるな!「若者党」の活動を直撃【編集部企画】

    Twitterを眺めていると、日々色んな情報がタイムラインに流れてくる。 2020年からはコ…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る