ダイサンキョクー 来る衆院選、「ゆ党」は躍進を見せるのか

 自民党と、民主党。55年体制崩壊以来、約15年間にわたりこの2党が日本の政界を牽引してきた。

 2009年、民主党が自民党に代わり政権を取るも、3年で崩壊。その後、再び自民・公明が政権を奪還したが、決して以前のような状況に戻るわけではなかった。

 2012年の衆院総選挙では、自民・公明、民主の2勢力に加え、日本維新の会や日本未来の党、みんなの党がいわゆる「第3極」として一定数の議席を占めた。このことは、有権者の既成勢力に対する不満と、新たな勢力に期待する気持ちの表れといえるだろう。

 この記事では、第3極政党の歴史を振り返り、来る衆院選でどのような動きをしていくのか、考えていきたい。

かいちょ

投稿者プロフィール

ライターページ
岡山県の高校2年生。 日本維新の会学生部所属、教育問題について考えています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る