デモで「密」を作り出すオリンピック中止派 「オリンピック今からでも中止」論の無責任さ

 オリンピックが開会した。オリンピック期間の直前、中国発祥の新型コロナウイルス感染拡大を背景として、オリンピックの中止や延期を求める声が日に日に大きくなっていた。ところが、開会した途端、中止や延期を求める声は一気に萎んだ。

 しかし、それでもなお、一部政治家は中止を諦めていない。共産党の志位和夫委員長は、7月23日、談話を発表し、「五輪の開会が強行されるもとでも、わが党は、命を守ることを最優先にする立場を揺るがず貫き、開会途中でも中止を決断することを求め続ける」と、今からでも中止にすることを訴えた。また、志位委員長は、twitterでも、同様の趣旨のツイートをしている。

五輪中止派が作る密

 五輪中止派の志位委員長は、オリンピックや関連行事が「密」を作ることで感染拡大することを問題視しているようた。ところが、共産党を筆頭とする五輪中止派も、中止デモで「密」を作っている。共産党関連団体である新日本婦人の会も、23日、デモを行ったが、十分な距離を取らないまま横断幕を持っていた。通常、写真を取るときぐらいは、フィジカルディスタンスに注意するはずだ。写真を取るときでさえ「密」なのだから、デモをしていたときも同様であろう。

 さらに、23日、開会式前後には、中止派が国立競技場最寄りの千駄ヶ谷駅付近で中止デモを開催したことが、毎日新聞などに報じられた。やはり毎日が掲載している写真でも、オリンピックの会場を凌駕する密が形成されていた。中止派は、かたや「密を作る五輪は中止」と言いながら、かたやデモで密を作っていたのだ。このような中止派の欺瞞は、絶対に許されない。

参考:抗議デモ、高ぶるバッハ会長、観客で埋まる場外…開会式の裏側

参考(共産党について):『自衛隊は人殺し予算』『海上自衛隊旗はネオナチ』共産党の自衛隊に対する考え方を整理する

<スポンサー>

途中での中止で感染者は減るのか?財源は浮くのか?

 オリンピック中止論として、上記の通り、人の移動を減らして感染者を減らすことがよく根拠にあがる。

 ところが、オリンピックを中止した場合に、どの程度感染者が減るのか、中止派はデータを持ち出して主張していない。中止派の主張は、感情論に過ぎないのだ。

 そもそも、議論の作法として、現状を変更する側に立証責任がある。今回の場合、オリンピックを無観客で行うことが既定路線である以上、中止派は、中止をするメリットがデメリットを上回ることを示さなければならないはずだ。中止派で、この責任を果たした人や団体がいるのだろうか?

 もう既に、オリンピック関係者は来日しており、今から中止をしても、人の移動が減るとは言えない。さらに、オリンピックは、無観客開催という究極の感染防止対策を取っている。中止と無観客でどう感染者が変わるのかを、中止派は、データに基づいて、示すべきだ。なお、オリンピック期間中もプロ野球は有観客のエキシビションマッチを行う。他のスポーツも有観客の公式戦を予定している。そうすると、観客を入れて行う他のプロスポーツ等の方が、より危険ではないだろうか。それにもかかわらず、感染拡大に寄与する危険性の低いオリンピックをやり玉に挙げる方がおかしい。

 また、れいわ新選組の山本太郎代表などは、中止で浮いた予算をコロナ感染対策に振り向ける旨主張しているが、逆である。最後まで開催しないと、放映権を買い取っているテレビ局に、違約金を払わなければならない。既に示された通り、中止した方が、違約金などの理由から、より多くの支出がかかるのだ。オリンピックで生じた損失は、国または東京都が負担しなければならない。そうであれば、最後まで開催した方が、コロナ対策に予算を使えることとなるのではないか。

中止のデメリットにも配慮せよ

 上記の通り、途中でオリンピックを中止すれば、違約金という形で追加の支出を迫られる。また、選手も日本まで移動をしておきながらプレーの機会を奪われることとなる。さらに、「オリンピックを完遂できなかった国」として、この国の末代までの恥となってしまう。中止を検討するのであれば、中止に伴うこれらのコストとメリットを天秤にかけて、議論を行うべきである。

数週間後に感染拡大したら五輪のせいか?

 「今からでも中止派」は、メリットとデメリットの比較が、できていない。さらに、中止デモにより、全国各地で密を作ることで、中止の理由を自ら潰しているという欺瞞、二重基準が、中止派には見られる。

<スポンサー>

 そればかりか、五輪中止デモは暴徒化し、逮捕者まで出している。逮捕の瞬間、この上ない「密」を作ったのは想像に難くない。

参考:五輪開催に抗議 中核派活動家、警察官に暴行した疑いで逮捕

数週間後も新型コロナ感染拡大が予想されるが、オリンピックのせいとは必ずしも言えないだろう。むしろ、中止デモのせいかもしれない。

関連記事:【東京五輪開幕】高校生の僕が感じる「3つの矛盾」

おとな研SNSをフォローして、最新情報をいち早くゲット!

投稿者プロフィール

ライターページ
大学院生2年目です。法律や経済など幅広く投稿します。

この著者の最新の記事

関連記事

あなたへのおすすめ



ピックアップ記事

  1. 2022-6-24

    【編集部記事】自民党政権公約は今…衆院選マニフェストの実現状況を徹底検証!

    昨年11月の衆議院議員総選挙から、約半年が経ちました。 与野党ともに政局も多く変化しましたが…
  2. 2022-6-23

    【編集部記事】乙武洋匡氏と考える「ダイバーシティー」~意見交換で見えたもの~(後編)

    参院選に出馬される予定の乙武洋匡さんと、渋谷区議会議員の橋本ゆきさんとの、ダイバーシティに関する意…
  3. 2022-6-22

    【編集部記事】もう迷わない!立憲民主党と国民民主党はここが違う

    「立憲民主党と国民民主党って何が違うの?」「結局どっちも民主党なんでしょ?」 立憲民主党か国…
  4. 2022-6-22

    同性婚不受理の合憲判決を考える ―「結婚の平等」に必要なたった1つのこと

    この問題が公に報道され議論されているだけでも、解消に向かっていると考えていいのだろうか。 そ…

スポンサー







Twitter・FaceBook

公式チャンネル

有料コンテンツサイト

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

スポンサー




スマホでもおとな研

スポンサー




ページ上部へ戻る